変態セックス

契約社員の巨乳先輩に誘惑され、理性が飛んだ

更新日:

社会人2年目の時、仲良くなった先輩社員がいた。

同じ部署で契約社員として営業事務をしていた3歳年上の26歳の女性です。

その先輩は会社の中でも結構可愛く、気さくで愛嬌もある上、FかGカップくらいの巨乳で人気も高かった。

女の先輩に誘惑されてセックス

その日は4月から転勤で部署にきた人と、新しく契約社員として入社した人の歓迎会でした。

その飲みの席で隣の席になり、いろいろ話していると実は、家が近いということが判明。地元話で盛り上がりました。

といっても、この時はエッチな話は一切なし。もちろんセックスするとか考えてもいませんでした。

一緒に帰ろうよー

2次会まで参加して、23時頃になったので帰ろうとしたら、その先輩女性から「せっかくだから、一緒に帰ろうよー」と声をかけてくれた。

「あ、いいっすよ」と素っ気ない反応をしたけど、なんかハプニングが起きないかと正直心臓がバクバクしてました。

とはいえ、同じ部署の女の先輩を誘って断られたら気まずくて仕方がないので誘う勇気もありません。

まだ呑みたりないね、で事態は急変

帰りの電車の中で「まだ呑みたりないよね~」っと言われ、事態は急変(笑)その巨乳先輩が俺の家にきて、宅飲することになりました。

よーしセックスできるぞ!...となりたいところですが同じ部署の先輩。AVだったら確実にセックスする流れだけど現実はそうじゃない。

どちらかというと、オレの性欲我慢できるかな...という心配でいっぱいでした。

キスしたい?

駅から家に向かう途中で、ビールとチューハイを買って無事帰宅。

性欲を抑えつつ世間話をするのが大変でした。だって愛嬌があって可愛くて巨乳の女性が目の前にいるんですよ(汗)

そういうしている内に巨乳先輩が眠くなってきた素振りを見せはじめたので、布団を床に敷いて雑魚寝態勢になった。

緊張が高まる中、俺の手に先輩の手が触れて・・・

「キスしたい?」

先輩にそう言われ、理性が吹き飛びました。男なら絶対おかしくなりますって(笑)

覆い被さってディープキス

「キスしたい?」と誘惑されて理性が飛んだ俺は無意識で先輩に覆い被さり、夢中でキス。

何度もキスを繰り返すうちに、先輩が上になって舌を絡ませてきた。

下から持ち上げる形で豊満な巨乳を揉みしだく。巨乳先輩が覆い被さってきてたから、ただでさえ大きいおっぱいがずっしりと手のひらに押し付けられた。

言うまでもないけど、もうこの時点で俺はギンギンに勃起していました。

フェラしてよ

「もう我慢できないです。先輩!フェラしてよー」

同じ部署だとか、先輩だとか、どうでもよくなり、無意識で言ってしまいました(笑)

「いいよっ。うふ。」

巨乳先輩も超エロエロモードになってて、勃起した俺のチンコを舐め回す先輩。会社の先輩にフェラされてる光景を見てるだけで、大興奮でした。

口内射精

巨乳先輩にフェラされること自体に興奮するのに、フェラも上手い。。!カリをすっぽりくわえられてジュポジュポ音を立てながらエロい!

フェラしつつ肛門やタマ筋をサワサワされ、すぐに我慢の限界!!気づいた時には先輩の口の中に大量に射精してました。

「出しすぎ(笑) 飲みきれないよ~」と笑われた。

朝まで3回セックス

そして射精の余韻に浸っている間もなく、「早く入れて」とせがまれて、当然の流れでセックス。

射精するとフニャチンになるけど、この日は違い、ギンギン(笑)結局そのまま朝まで3回ヤった。

本能のままに巨乳先輩と抱き合ってマンコに入れる。なんだろ..動物のオスとメスになった夜という感じでした。こんな興奮したセックスは初めてでした。

またエッチしようね

次の日、始発で先輩は帰って週明けに会社に行って先輩に会ったら、「またエッチしようね。」と小悪魔っぽく笑いながら言われました。

告白しようか迷いましたが、可愛いし巨乳でセックスの相性も良さそうなので...というかあの夜のセックスを忘れられず告白し付き合いました。

年上の女性っていいですね!

-変態セックス

Copyright© ジェトル , 2018 All Rights Reserved.