変態セックス

入院中、看護婦さんと一夜限りのセックス体験談

更新日:

入院中に看護婦とセックスなんてAVの世界だけだと思ってました。

が、実際体験してしまったんですよ。ありえないセックス体験をしたので投稿させていただきました。

看護婦さんと一夜限りのセックス

当時、大学院2年生だった僕が入院をしてた時の話です。両親が僕に入院保険をかけてくれたので、入院中個室に入れてもらってました。相部屋だと落ち着かないから。

で、どうして入院してたかというと、ちょっとした手術をしたんですね。盲腸みたいな軽い感じの手術です。

ところが手術をした直後は、痛みが酷くてネットなんてできる状態ではなく、淋しがり屋の僕は「痛い..」といって何度もナースコールで看護婦さんを呼んでました。

あわよくば看護婦とセックスしたいとかそういう不純な動機は一切なく、ただただ弱ってて不安で寂しかったから(笑)

相手は10歳年上、30歳前半の看護婦

その時、おそらく個室の担当だった看護婦さんが気さくで元気づけられてました。顔は普通なのですが愛嬌があって、とても気がきくな看護婦さんでした。

30歳前半だったと思いますので、ぼくの10歳くらい年上の方。

でも、このときは恋愛感情なんて一切なかったです。気さくで優しい先輩っていう感じでした。

看護師さんの優しさに惚れた

ある深夜、術後の傷跡で激痛が走りナースコールで助けを呼びました。

その看護婦さんが痛み止めを持ってきてくれて、飲ませてくれて、なっとギュッと抱きしめてくれたんです。「大丈夫だから!」って。

その時は、エロい気持ちなんて一切なくて、単純に嬉しかったんですね。看護婦は患者の世話をするのが仕事だからなんでしょうけど、弱ってるときに優しくされると...好きになっていくんですよねー。

その日以来、恋愛感情を持ってしまったのです。毎日、その看護婦さんが来てくれるのが楽しくてたまりませんでした。ただ、告白するとか手を出すとかチキンな僕には無理でした。

でもある夜、泣きながら僕の部屋にきました。
仕事でミスをしてしまって看護婦長に叱られたとかなんとか。

勤務中でどこにもいけないから、仕事してるフリして僕の部屋に来たらしい。

その頃には、僕もだいぶ元気になってたので、その看護婦さんをそっと抱きしめてあげました。この前、激痛できてくれたときギュっと抱きしめてくれてすごくうれしかったから自然と。。

軽く抱きしめて数分...

なんとなくの流れで、キス...。もう理性で我慢できる限界を超えてしまいました。

自分でもびっくりするくらい強引になってしまいました。ベットに押し倒して、胸を触りながら、ディープキス。首筋を舐めながら、右手で下半身を刺激。

看護婦さんは最初、少し戸惑った様子で抵抗してましたが...僕を受け入れて、女の顔になってました。

財布にコンドームを入れてあるのを思い出し、慌てて財布に入れてあったコンドームを取りだした。

看護婦さんのストッキングとパンツをおろして、クンニをしながらコンドームを装着して挿入。

普通のセックスだったけど、病院なので声も出せない状況…アダルトビデオで見たような看護婦さんをレイプしているような感覚でとても興奮しました。

セックス後...

興奮しまくった俺はすぐに限界になってゴムの中に射精。射精してからは一気に冷静になり、罪悪感に包まれてしまって...呆然としてました。

無言でパンツとストッキングをはいた看護婦さんは、「積極的過ぎ!いきなりきちゃってごめんね。」と、ほっぺたにキスして出て行きました。

看護婦さんと病院でセックスした興奮と罪悪感でなんともいえない夜を過ごしましたが、次の日も何事もなかったかのように接してくれました。

看護婦さんがぼくの部屋にきたのは時間にして15分くらい。セックスは5分も入れてなかったと思う。でも、僕にとっては1~2時間くらいの夢のような時間でした。

-変態セックス

Copyright© ジェトル , 2018 All Rights Reserved.