おもちゃ 野外

リモコンバイブを彼女に装着させて街中を歩かせる

更新日:

付き合って2年目になる彼女と新たな領域のエロに挑戦してきた。
AVの企画物にあるリモコンバイブ装着してデートってやつです(笑)

さすがに、友達と会うようなところでリモコンバイブは...ということで、午前中の大学の講義を終えてから、車で1時間くらい走った。

途中のコンビニで、「はい」と袋に入れたバイブを彼女に渡して、彼女にリモコンバイブを装着させた。
そして、より人混みのあるショッピングモールへ。

ショッピングモールでウィンドウショッピングしているフリをして、俺の手元にあるリモコンでバイブのスイッチを入れたり、切ったり。
普段のバイブでは感じないくらい感じるらしく、彼女はウィンドウショッピングどころじゃないくらい感じまくっていた。

どんな感じかっていうと・・・
バイブをオンにした瞬間、ピタッと動きが止まるわけ。
彼女は快感を堪えるために、内股になって・・・脚がガクガクしてくる。

彼女は、いつスイッチを入れえられるか分からないスリルと興奮があったらしい。
(あまりしつこくバイブをオンにしていると、睨んできたけど・笑)

一番大変だったのは、接客してきた店員さんと話している時に、スイッチ入れた時は、足をガクガクさせながらなんともいえない状態に。

「向こう見てきますねー」と店員さんから離れた彼女は、あまりにも気持ちよかったのかお店の中でイッてしまい・足に力が入らなくて倒れ込むようにしゃがんだら、店員さんが貧血と勘違いして「大丈夫ですか?」と寄って来た時は、正直焦った。

まさか、少し離れたところにいるのが彼氏で、彼女にリモコンバイブを仕込まれてるなんて思っても見ないだろうから妙な優越感がたまらなく気持ちよかったんですけどね。俺は。

ショッピングモールでドキドキ・ハラハラを楽しんだ後は、もちろん、ラブホでじっくり楽しみました。

明らかに、彼女はいつもよりもエロくなってました。
俺も興奮していたから、その日は激しいセックスになりましたよ。
リモコンバイブで楽しむとか、、、理解のある彼女でよかったです(笑)

-おもちゃ, 野外

Copyright© ジェトル , 2018 All Rights Reserved.